知らないと危険!?マイナンバーの保管や利用

国民一人ひとりに与えられる12桁のマイナンバー(個人番号)。

平成28年1月から社会保障、税、災害対策などの行政手続きで必要となっています。


しかしこのマイナンバー、しっかりとした知識がないと危険なこともあるのです。

Girls Channelの詳細情報を掲載しています。

アメリカでは昔から「社会保障番号」という名前の制度がありますが、この番号は病院や銀行など、現在の日本よりも幅広い場面で利用されるようです。

そして、この社会保障番号が盗まれることによって、例えば銀行から現金を引き出されるなどの被害が多く発生しているのです。
現在の日本の個人番号では、そのような被害は起こりえません。

しかし近く、インターネットバンキングやオンラインショッピングなどに利用可能になるとも言われています。

そのため、個人番号の保管については厳格に定められています。

会社などで雇用関係にある場合、社員の個人番号を社内で保管することになります。


その場合、誰もが容易に持ち出しや閲覧できる保管方法は避けなければなりません。
例えばデータで保管するのであれば1台のPCのみに保存し、事務担当者などの必要な者のみがわかるパスワードを設定する、書類などで保管する場合は必ず鍵付の棚や金庫などに入れるなどです。個人番号を管理する立場ではない、会社勤めではないという方でも、注意する必要があります。

マイナンバーの保管の人気が上昇しています。

マイナンバー法には「個人番号を正当な理由なく提供してはいけない」という決まりがあります。



法令違反と見なされた場合、刑が課せられる可能性があるのです。

個人番号によって様々な手続きが便利になるかもしれません。しかし漏えいしてしまえば、容易に個人情報を引き出されたり、犯罪に繋がるかもしれない危険性も併せ持っているのです。
マイナンバー制度を安全に利用する為には、制度をよく理解して自身で確実な管理をすることが必須なのではないでしょうか。